桶捨色

iOSエンジニアの日常系ブログ

Swiftを使ってiPhoneアプリを開発したい人にオススメの本

f:id:stilo:20150531124140j:plain

iPhoneアプリは、Objective-CかSwiftのどちらかのプログラミング言語を使って開発します。

僕は仕事でアプリ開発をしてます。最初はObjective-Cを使っていましたが、今はSwiftを使ってます。

どちらの言語を使えばいいかというと、今から勉強する人にはSwiftが断然オススメです。

そこでオススメの本を紹介します。参考にしてください。

入門書

iPhoneアプリ開発の入門書はたくさんありますが、中でもこの本がオススメです。

詳細!Swift iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 1.1+Xcode 6.1+iOS 8.1対応

詳細!Swift iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 1.1+Xcode 6.1+iOS 8.1対応

僕もはじめはこれを使って勉強しました。サンプルが豊富で、解説が丁寧で、すいすいと勉強を進めることができました。

ワンステップ上を目指す一冊

「仕事でアプリ開発をする」「初心者を抜け出したい」そういう方にはこの本がオススメです。

開発のプロが教える Swift標準ガイドブック

開発のプロが教える Swift標準ガイドブック

Swiftのわかりにくいオプショナル型の解説、SwiftとObjective-Cを一緒に使う方法、テストのやり方など、ワンステップ上の内容が書かれています。

バージョン管理も一緒に

アプリ開発をするならソースコードのバージョン管理が必須です。GitHubの使い方も一緒に覚えるのがオススメです。

Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール

Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール

こちらはソースコードのバージョン管理するGitという技術と、それをネットに保存して公開したりできるGitHubというウェブサービスの使い方が書かれた本です。

まとめ

これからアプリ開発をはじめたい人に向けて、オススメの本を紹介しました。参考にしてください。