桶捨色

iOSエンジニアの日常系ブログ

モバイルアプリ開発の勉強会「Mobile Act Nagoya」に参加してきました

フェンリルの名古屋支社が主催されたモバイルアプリ開発の勉強会に行ってきました。

mobileactnagoya.connpass.com

内容

内容はフェンリルの中の人や有志の方がLT発表するものでした。

LテーマはiOSやAndroidにこだわらずモバイル開発のことならなんでもよいという方針とのこと

気になったところ

今回の中から気になったトピックを紹介すると

  • フェンリルではGoogleの提唱するMaterial motionを積極的に採用している
  • アニメーションもデザインの中の重要な要素と考えている
  • フェンリルではプロトタイピングツールにprottを使用している
  • プロトタイピングすることでデザイナーとプログラマーの意識をあわせが大切
  • 日本人のプログラミング能力は高いので英語を克服すれば対等にやりあえる
  • 話題のアプリのipaファイルをバラして中を覗いてみた

という感じ

自分的にはMaterial motionなどアニメーションの話題は気になりました(なかなか工数とれないので後回しになりがちなところですが、有ると無いでは違いが出ますよね...

今回はフェンリルさんらしいデザインの話題が多かった印象です。

懇親会

LTのあとはそのまま懇親会。ピザなどの軽食とビールやジュースが振る舞われました。

まとめ

今後、この勉強会を続けていきたいとのことでした。僕もできるだけ参加していこうと思います。