桶捨色

iOSエンジニアの日常系ブログ

【iPhone】夫婦の2台のiPhone4Sで撮った写真をGoogle+とiCloudでうまくバックアップする

iPhone4Sになって写真がキレイに撮れるようになったので、毎日たくさん写真を撮っています。

f:id:stilo:20120328231012p:plain:w400

たくさん写真を撮るのはいいんだけど「撮った写真をどうバックアップするのか?」をちゃんと考えておかないといけません。

しかも、自分のiPhoneの写真だけじゃなくて、嫁のiPhoneの写真もバックアップやってあげたい...となると、けっこう大変です。

そこで僕がやっている簡単でラクチンな方法を紹介します。


概要

我が家では、3つのバックアップをしています。

  1. Google+にメインバックアップ
  2. iCloudのフォトストリームにサブバックアップ
  3. 年に1~2回、メディアへバックアップ

1と2は、自宅でWi-Fi環境のインターネット接続ができれば簡単にできます。

このバックアップのポイントは

  • 自分の写真と嫁の写真を分けてバックアップする
  • できるだけ手間をかけず自動でバックアップする
  • クラウドをフル活用する

というところです。

では、詳しく紹介していきます。


1.Google+にメインバックアップ

Google+(グーグル プラス)を使うとGooglePicasaという写真サービスに自動でアップロードできます。しかも、無料!

Google+ App
Ver: 4.5.0
価格: 無料

やり方はカンタン!Google+のアプリをiPhoneにインストールして、インスタントアップロードの設定をオンにするだけ

f:id:stilo:20120328231002j:plain:w400

こうしておけば、Wi-Fi接続時に写真が自動的にアップロードされます。

僕も嫁もそれぞれのGoogleのアカウントを持っているので、それぞれのiPhoneGoogle+のアプリをインストールして設定をしておけば、それぞれのアカウントで自動バックアップがとれるってことです。


2.iCloudのフォトストリームにサブバックアップ

iPhoneのiCloudのフォトストリームを使えば、いつでも手元に1000枚のバックアップを置いておくことができます。

iPhoneの標準機能ですので、これを使わない手はありません。

やり方はカンタンで、iCloudの設定画面でフォトストリームをオンとしておくだけ

f:id:stilo:20120328231007j:plain:w400

あとはWi-Fi接続時に自動的にフォトストリームに写真が流れていきます。

夫婦で別々のフォトストリームを使うには、iCloudで使用するAppleIDを使い分ける必要があります。

我が家では僕と嫁がそれぞれのAppleIDを持っていて、iTunes StoreとiCloudで使うAppleIDを以下のように使い分けています。

iTunes Store iCloud
僕のAppleID 僕のAppleID
僕のAppleID 嫁のAppleID

こうやってAppleIDを使い分けることによって

  • iTunes Storeで同一のAppleIDを使うことで、買ったアプリを夫婦一緒に使える
  • iCloudを別々のAppleIDを使うことで、夫婦別々でバックアップが利用できる

ということができます。

フォトストリームへのバックアップは「上限が1000枚」「30日間保存」という条件がありますので、あくまでも「一時的な保管」=サブバックアップと位置づけています。


3.年に1~2回、メディアへバックアップ

この方法は、古典的なやり方でめんどくさいんですが、、、

iPhoneを有線でMacにつなぎ、iPhotoに取り込んだ写真をDVDや外付けHDDへバックアップします。

そこで、iPhotoに写真を取り込むときに僕と嫁の写真が混ざってしまわないように、iPhoto Library Managerという有料のソフトを使ってiPhoto Libraryを分割しています。

f:id:stilo:20120328231006j:plain:w400

僕の写真が入ったiPhoto Libraryと嫁の写真が入ったiPhoto Libraryをそれぞれ作っておき、iPhoto LibraryをまるごとDVDとかのメディアにバックアップします。

iPhoto Library Managerは超便利なソフトです。以下のBlogの紹介で知りました。

めんどくさいんですが、念のため年に1~2回はやっています。


それぞれのデメリット

1.Google+のメインバックアップと2.フォトストリームのサブバックアップのデメリットは写真のサイズが縮小されることです。

iPhoneの標準カメラで撮影した写真は3264ピクセルというサイズですが、Google+もフォトストリームも2048ピクセルに縮小されてリサイズされてしまいます。(ただし、フォトストリームはMacのiPhotoで取り込むとリサイズされない。)

3.メディアへバックアップは、めんどくさいのがデメリットなんですが、リサイズされてしまうところを補うことができると考えれば、それなりに価値はあると思います。


まとめ

バックアップはめんどくさい。自分の分ならともかく、嫁の分までやろうとすると、超めんどくさい。

だから、できるだけ簡単に、できるなら自動で。:D