桶捨色

iOSエンジニアの日常系ブログ

【iPhone】読書の秋ということでi文庫Sで夏目漱石を読んでいます。

f:id:stilo:20120917231348p:plain:w350

どーも、軽い活字中毒者のstiloです。

秋といえば、読書の秋ということで、最近、夏目漱石を読みはじめました。

夏目漱石の作品は著作権が消滅してて、青空文庫というインターネットの電子図書館で無料で公開されています。なので、買わなくても読めるんですよ。

すばらしい!

青空文庫で公開されている作品をiPhoneの小さな画面で快適に読めるアプリがあります。

i文庫S」です。

i文庫S App
Ver: 2.7.5
価格: ¥350


見やすい画面

f:id:stilo:20120917230250p:plain:w350

こんな風に文庫本っぽい画面デザインになっていて読みやすい

気に入っている機能

f:id:stilo:20120917230254p:plain:w350

i文庫Sは、ラインを引くことができます。

ラインを引くと"しおり"としてメモされて、それをEvernoteへ保存することもできる。

f:id:stilo:20120917230258p:plain:w350

すばらしい!

すべて片手で!

すべての操作が片手でできるので、通勤電車の中で、座席に座れても座れなくても読書することができる。

すばらしい!

夏目漱石の作品はスラスラ読めて面白いよ

夏目漱石の作品ってほとんどが有名。でも、知ってはいるんだけど、意外と読んでない。

もしくは一度は読んだことはあるんだけど、内容をほとんど覚えていない。

あらためて積極的に読んでみると、これが面白くって面白くって!

漱石って文章うまいからスラスラ読めちゃう。

f:id:stilo:20120917230302p:plain:w350

本棚がこんな感じで、じゃんじゃん読んじゃってます。
(1冊、違うのが混じってるけどw)


まとめ

新しい端末を買わなくても、電子書籍の夜明けを待たなくても、読めるものから読んでみたらどうでしょうか。

▼i文庫S
i文庫S