桶捨色

iOSエンジニアの日常系ブログ

Hipstamatic Ogglがアップデート カメラロールから写真取り込みに対応したよ

Hipstamatic Ogglがバージョン1.3にアップデートしました。

今回のアップデートで、カメラロールからの写真取り込みに対応されました。

今までOgglは写真を撮るだけのアプリで、写真取り込みができないアプリでした。

それができるようになったことで、撮った写真をOgglに取り込んで、レンズやフィルムを好きに組合せて、写真をつくることができます。

さっそく、やってみます。


写真取り込みのやり方とトラブル

カメラロールから写真を取り込む操作をカンタンに紹介します。

Ogglのライブラリ、右上にあるプラスマークのボタンから取り込みを開始
f:id:stilo:20130822190424p:plain:w320


「Import Photos」の「iPhone Camera Photos」を選択
f:id:stilo:20130822190423p:plain:w320


そうすると、カメラロールを読み込みはじめます。
f:id:stilo:20130822190425p:plain:w320


僕の場合は、ここでカメラロールが読み込みされず、突然、アプリが落ちてしまいました。

もう一度やっても落ちました。

ですが、何度も何度もやっているうちに、できるようになりました。

一度、できるようになったからは落ちることはなくなりましたので、落ちてしまう人は何度かやってみるといいと思います。


カメラロールの読み込みが出来るようになると、このように写真の一覧が表示されます。
f:id:stilo:20130822190426p:plain:w320


一覧の中から取り込みしたい写真を選択し、「Import Photo」を選択します。

Ogglの写真一覧画面に取り込まれた写真はボケたように表示されてます。
f:id:stilo:20130822190429p:plain:w320


取り込んだ写真を選択し、2本の指で拡大縮小したりして、正方形に収め、トリミングします。
f:id:stilo:20130822190427p:plain:w320


Hipstamatic Ogglは正方形(1:1)にしか対応していません。

あとはレンズやフィルムを選びます。
f:id:stilo:20130822190430p:plain:w320

レンズやフィルムの組合せ放題ってところがOgglの良いところですよね!

完成したら右上のチェックマークのボタンで投稿するだけです。
f:id:stilo:20130822190432p:plain:w320


Ogglの写真はWEBでも見れる

アップデートと同じタイミングで、OgglのタイムラインがWEBに対応されています。

今回、僕がアップした写真はこちらです。

sunny spot - Oggl by Hipstamatic

いい感じにできた。


まとめ

Instagramをはじめ、EyeEm、VSCO Gridなど、いろいろ写真共有アプリを使っていますが、Hipstamatic大好きなので、しばらくOgglを使ってみようと思います。

重くて使いずらいけどね、、、


参考

Hipstamatic Oggl App
Ver: 1.3
価格: 無料

Hipstamatic - Oggl