読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桶捨色

iOSエンジニアの日常系ブログ

ブログ名を「オケすて」に変更しました

f:id:stilo:20160206101232j:plain

ブログ名の変更のお知らせです。

新ブログ名は「オケすて」です

当ブログのブログ名を「OK!stiloドットコム」から「オケすて」へ変更しました。
(途中、紆余曲折がありましたが闇に葬ります)

ドメインのokstilo(オーケーすてぃーろ)を略して「オケすて」です。

過去記事の整理を実施しました

一部の過去記事を整理しました。

  • カテゴリの整理整頓
  • ビール系記事を一括削除
  • エモい記事を個別削除


ご好評いただいておりましたビール系記事については
昨年の健康診断の数値がかんばしくなかったため
継続してゆくことが困難となってしまい
断腸の思いで一括削除となりました。

購読をお願いしたします

この機会に、ぜひ購読の登録をお願いしたします。

RSSフィードは以下になります。

http://www.okstilo.com/feed

feedlyをお使いの方は以下から登録できます。

follow us in feedly

Twitterアカウントは以下です。
(サッカーと相撲のことになるとうるさくなりますのでご了承ください。)

Instagramもやっております。写真好きな方はぜひフォローお願いします。

Instagram

以上

これからもよろしくお願いします。

Swift2 標準ガイドブック レビュー

f:id:stilo:20151118091035j:plain

※マイナビ出版様よりレビュー用に電子版を献本いただきました。ありがとうございます。

Swift 2標準ガイドブック

Swift 2標準ガイドブック

Swiftは2015年にSwift2へバージョンアップしました。バージョンアップに伴い、より速く、より洗練され、ますます使いやすくなりました。

この本は、Swift2に対応した解説書です。これ以前の解説書は古くて役に立たないといってもいいと思います。

僕は仕事でアプリ開発をしてます。最初はObjective-Cを使っていましたが、今はSwiftを使ってます。

より良いアプリ開発ために言語の特徴をよく知ることができるオススメの一冊です。

基本文法をしっかり

先輩プログラマーに「新しい言語を学ぶときは、まず文字列と配列の扱いを手を動かしながら覚えること」と教えてもらったことがあります。

僕は本書を読む際に、XcodeのPlaygroundを使って掲載されているサンプルコードを手打ちしながら読み進めることで理解を深めました。

より良いクラス設計のために

Swiftは、enumとswitch文をつかったパターンマッチが柔軟で便利ですよ。状態管理や数値の範囲測定といったところで実務でよく使っています。

enumなどの基本文法、switch文などの制御構文、関数定義の特徴など、くまなく解説されています。

よりよいアプリ制作には良いクラス設計が欠かせません。関数定義の特徴やパターンマッチの手法などはしっかりおさえておきたいですよね。

オプショナル型を克服

アプリ開発をObjective-Cではじめた僕にとって、わかりにくいのがオプショナル型した。Swiftではnilに意識的でなくてはいけません。

本書では第4章オプショナル型で、1章まるまる解説されていて、わかりやすかったです。

電子版で読むのがオススメ

今回、PDF版で読みましたが、僕は違和感なく読めました。

iPadを使って通勤電車の中で読みました。紙の本ですと重く分厚いのでなかなかそんなことはできませんよね〜

PDFビューワの目次機能や検索機能に対応しており、あとから読み直しするのにも便利です。

PDF版はマイナビブックスや達人出版会で販売されていますよ。


まとめ

よりよいアプリを制作するには言語についてよく知っておくことが大切です。実務に役立つ良い本でした。

Swiftを使ってiPhoneアプリを開発したい人にオススメの本

f:id:stilo:20150531124140j:plain

iPhoneアプリは、Objective-CかSwiftのどちらかのプログラミング言語を使って開発します。

僕は仕事でアプリ開発をしてます。最初はObjective-Cを使っていましたが、今はSwiftを使ってます。

どちらの言語を使えばいいかというと、今から勉強する人にはSwiftが断然オススメです。

そこでオススメの本を紹介します。参考にしてください。

入門書

iPhoneアプリ開発の入門書はたくさんありますが、中でもこの本がオススメです。

詳細!Swift iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 1.1+Xcode 6.1+iOS 8.1対応

詳細!Swift iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 1.1+Xcode 6.1+iOS 8.1対応

僕もはじめはこれを使って勉強しました。サンプルが豊富で、解説が丁寧で、すいすいと勉強を進めることができました。

ワンステップ上を目指す一冊

「仕事でアプリ開発をする」「初心者を抜け出したい」そういう方にはこの本がオススメです。

開発のプロが教える Swift標準ガイドブック

開発のプロが教える Swift標準ガイドブック

Swiftのわかりにくいオプショナル型の解説、SwiftとObjective-Cを一緒に使う方法、テストのやり方など、ワンステップ上の内容が書かれています。

バージョン管理も一緒に

アプリ開発をするならソースコードのバージョン管理が必須です。GitHubの使い方も一緒に覚えるのがオススメです。

Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール

Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール

こちらはソースコードのバージョン管理するGitという技術と、それをネットに保存して公開したりできるGitHubというウェブサービスの使い方が書かれた本です。

まとめ

これからアプリ開発をはじめたい人に向けて、オススメの本を紹介しました。参考にしてください。